冊子を作成したいなら中綴じ印刷で|見やすさと保管のしやすさが評判

印刷

個性的なアピールをしよう

名刺

名刺を渡した相手にインパクトを残したいなら、個性的な名刺を作成しましょう。名刺のデザインや材質を工夫することで、営業に上手く生かすことができ、集客を増やすことが可能になります。

経費削減に最適です

印刷

印刷会社に相談しましょう

社内報のように従業員のみが目を通す冊子であれば、外部へと配布するフライヤーのようにハイクオリティである必要もないので社内作成するという手もあります。最近では多くの企業で社内報を自作することが多くなってきました。これは社内で自作すれば編集プロダクション等への依頼費用を節約できるからです。ただしデータ作成は広報部内で可能でも印刷はプロに依頼する必要があります。なぜなら市販のプリンタは普通紙やハガキ等を使用することが前提となっており、製本を前提とした印刷性能は持ち合わせていないからです。社内報の印刷を依頼するなら印刷会社に依頼しましょう。印刷会社に作成したデータを持ち込めば、市販のプリンタでは不可能なハイクオリティな印刷を低コストで利用することができます。また経費削減を重視するなら中綴じ印刷がおすすめです。中綴じ印刷とは冊子の中央部分をホチキスで止めた製本方法のことです。カタログや社内報など薄い製本に向いた方法で低コストで利用できます。中綴じ印刷の依頼では、まず使用する紙を選択してページ数や部数を指定します。あとは料金を確認して作成したデータを送信するだけです。たったこれだけの手順で簡単に中綴じ印刷を依頼することができます。ただしデータを送信する前にはいくつかのポイントを確認しておくことが大切です。まず使用するテキストは必ずアウトライン化しておく必要があります。また写真を利用する場合にはRGBからCMYKへと変更することも重要です。このようなデータ処理が難しくて理解できない場合は、メールで印刷会社のスタッフに問い合わせれば詳しく手順をレクチャーしてくれます。

自社の宣伝になります

紙袋

自社の広告塔となる紙袋は、さまざまな印刷方法で費用とデザインのバランスを考えながら作成することができます。色の鮮明度だけでなく自社商品の大きさや重さによってマチのサイズや丈夫さ、ハンドル部分の補強も考慮しましょう。